パソコンは日本語をどう変えたか

ブルーバックス
パソコンハニホンゴヲドウカエタカニホンゴショリノギジュツシ
パソコンは日本語をどう変えたか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本語処理技術の進歩と、言葉の変化を追う 1960年代に始まったコンピューターによる日本語処理システムはどう進歩し、日本語そのものにどんな影響を及ぼしたか。技術者たちの豊富な証言をもとに構成。

目次

  • 第1章 「漢字」がコンピューターに登場した日
  • 第2章 国産機種で広まった日本語処理
  • 第3章 ワープロ専用機と「かな漢字変換」の進化
  • 第4章 DOS/Vが夢見た「世界標準」
  • 第5章 「工業規格」が使用漢字を決めた
  • 第6章 「ケータイ文字入力」が日本語表現を変えた
  • 第7章 フォント制作技術の最前線
  • 第8章 大規模文字セット――深遠なる漢字の世界
  • 第9章 漢字新時代――JIS2004の静かなる船出
  • 第10章 パソコンは「日本語力」を低下させたか?

製品情報

製品名 パソコンは日本語をどう変えたか
著者名 編:YOMIURI PC 編集部
発売日 2008年08月22日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-257610-9
通巻番号 1610
判型 新書
ページ数 256ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本