DNA複製の謎に迫る

ブルーバックス
ディーエヌエーフクセイノナゾニセマル
  • 電子あり
DNA複製の謎に迫る
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

DNA複製とは一体どういう反応なのだろうか? 私たちの体の細胞が分裂するとき、細胞の中では必ず、DNAが複製される。生命現象の根幹を担うこの反応は、一糸乱れぬ正確さで行われると考えられがちだが、じつは思った以上に不完全で、結構“いい加減”なのである。なんともユニークで“人間くさい”複製のしくみを知れば、「えぇっ!?こんなふうにやってるの!」と驚きの声を上げられるに違いない。


DNAの複製って案外いい加減!?

「DNAの複製って単なるコピーでしょ?」漠然とそう思い込んでおられる方も多いだろう。本書は、その間違ったイメージを覆すのに充分である。なんともユニークで“人間くさい”複製のしくみを知れば、「えぇっ!?こんなふうにやってるの!」と驚きの声を上げられるに違いない。

DNA複製とは一体どういう反応なのだろうか?
私たちの体の細胞が分裂するとき、細胞の中では必ず、DNAが複製される。生命現象の根幹を担うこの反応は、一糸乱れぬ正確さで行われると考えられがちだが、じつは思った以上に不完全で、結構“いい加減”なのである。そして、まだまだ、よくわかっていない。本書は、いまなお多くの謎が残る「DNA複製」の世界に的をしぼり、そのしくみをわかりやすく解説する。

目次

  • 第1章 複製はこうして始まる~華やかなる細胞内シンクロ~
  • 第2章 DNAポリメラーゼはいかにはたらくか~驚くべき正確さ~
  • 第3章 DNAポリメラーゼはいかに間違うか~驚くべきいい加減さ~
  • 第4章 片足を上げるDNA~DNA複製の全体像~
  • 第5章 複製はこうして終わる~残された謎、そして憂鬱なテロメア~
  • 第6章 複製外伝~いろいろな複製様式~

製品情報

製品名 DNA複製の謎に迫る
著者名 著:武村 政春
発売日 2005年04月22日
価格 定価:946円(本体860円)
ISBN 978-4-06-257477-8
通巻番号 1477
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

書店在庫を見る

オンライン書店で見る