改訂新版 脳死とは何か

ブルーバックス
カイテイシンパンノウシトハナニカ
  • 電子あり
改訂新版 脳死とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

何をもって人間の死を判断するか? 医学の進歩は「脳死」という、生と死についての新しい概念をもたらした。わが国では臓器移植のドナーに限り、「脳死」を法的に人間の死として認めている。それでは「脳死」とは一体どういう状態をいうのか? 「植物状態」とどう違うのか? 脳神経外科の第一線で活躍してきた著者が、長年の研究と経験をもとに、わかりやすく解説する。


医学の進歩がもたらした生と死についての新しい概念

何をもって人間の死を判断するか
医学の進歩は「脳死」という、生と死についての新しい概念をもたらした。わが国では臓器移植のドナーに限り、「脳死」を法的に人間の死として認めている。それでは「脳死」とは一体どういう状態をいうのか?「植物状態」とどう違うのか?脳神経外科の第一線で活躍してきた著者が、長年の研究と経験をもとに、わかりやすく解説する。

脳神経外科医、神経内科医、救急医、麻酔科医、集中治療医、移植医、法医学者、看護師、臨床検査士、救急隊員、医学生、看護学校生ほかすべての医療関係者、そして臓器移植に関心のある人必読。

目次

  • 第1章 人の死と脳の死
  • 第2章 脳死はどのようにして発生するのか
  • 第3章 脳死状態の脳はどうなるのか
  • 第4章 なぜ今、脳死が問題なのか
  • 第5章 脳死はどのくらい発生するか
  • 第6章 脳死をどう判定するか
  • 第7章 国による判定基準の違い
  • 第8章 蘇生術に限界はあるか
  • 第9章 脳死と個体死を考える
  • 第10章 脳死状態と植物状態とはどう違うか

製品情報

製品名 改訂新版 脳死とは何か
著者名 著:竹内 一夫
発売日 2004年12月18日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-257463-1
通巻番号 1463
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

オンライン書店で見る