分子レベルで見た薬の働き

ブルーバックス
ブンシレベルデミタクスリノハタラキアタラシイクスリニイドムセイメイカガク
分子レベルで見た薬の働き
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●人類はがんやエイズの薬を手に入れることができるだろうか?
薬は私たちの体の中で、どのようにして効いているのだろうか?かつて薬の発見は、長い時間と多くの犠牲の上に成りたつ、経験的なものだった。だから、非常に複雑な薬の働きを理解することはほとんど不可能であった。
ところが、20世紀終盤の今、生命現象を分子レベルで扱う分子生物学は、コンピュータという強力な武器を手に入れ、さらに化学と物理学を総合する形で生命科学として開花した。生命科学は、生命現象だけでなく、病気のメカニズムや薬の働きまでも、分子レベルで解き明かしつつある。新たに作製したステレオの構造図を駆使して、生命科学の最前線を紹介する。

目次

  • ビジュアルに理解する薬の生命科学
  • 第1章 薬はどのように効くか
  • 第2章 バクテリアとの果てしなき戦い
  • 第3章 難病を克服する
  • 第4章 免疫力を操作する
  • 第5章 成人病の治療
  • 第6章 風邪薬と胃薬
  • 第7章 人類の未来と薬

製品情報

製品名 分子レベルで見た薬の働き
著者名 著:平山 令明
発売日 1997年07月18日
価格 定価:858円(本体780円)
ISBN 978-4-06-257180-7
通巻番号 1180
判型 新書
ページ数 238ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

書店在庫を見る