反ナショナリズム

講談社+α文庫
ハンナショナリズム
反ナショナリズム
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

帝国の妄想と国家の暴力に抗する――アカデミズムが捉える政治の「本質」!!
「国家と戦争」の名著!!

ナショナリズムの勃興、が早熟的に帝国主義的な膨張につながり、ウルトラ化の果てに破綻することでそのサイクルを終えた20世紀の日本にとって、中国と韓国のナショナリズムの脅威感は、国家に求心力を求めるネオ・ナショナリズムの拡がりを促すことになった。このナショナリズムの逆流が、歴史修正主義の装いのもとに過去の歴史の清算を迫る「従軍慰安婦」をはじめとする数々の戦争犠牲者たちの「証言」に強い反発を示したのは、ある意味で当然であった。

製品情報

製品名 反ナショナリズム
著者名 著:姜 尚中
発売日 2005年09月22日
価格 定価 : 本体838円(税別)
ISBN 978-4-06-256946-0
判型 A6変型
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’03年5月に教育史料科出版会より刊行された、姜尚中氏の評論集『反ナショナリズム』を加筆・修正し、文庫本化。