壊れた尾翼

講談社+α文庫
コワレタビヨクニッコウジャンボキツイラクノシンジツ
  • 電子あり
壊れた尾翼
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

尾翼を失ったJAL123便に何が起きたのか。完全に制御不能だったのか。航空事故研究の第一人者が、飛行力学をやさしく解説しながら御巣鷹山(おすたかやま)墜落事故の謎を解く。独自の解析やボーイングへの独占取材など、他の追随を許さない分析力で真相に鋭く迫る。※本作品は、1987年8月に刊行された『壊れた尾翼』に文庫版保章を加筆したものです。


生還の可能性はなかったか 迷走30分の謎を解く
JAL123便は完全に制御不能だったのか。同様の事態に陥りながら奇跡の生還を遂げた事例と比較検証、真実に迫る!!

尾翼を失ったJAL123便に何が起きたのか。完全に制御不能だったのか。航空事故研究の第一人者が、飛行力学をやさしく解説しながら御巣鷹山(おすたかやま)墜落事故の謎を解く。独自の解析やボーイングへの独占取材など、他の追随を許さない分析力で真相に鋭く迫る。JAL123便と同様、油圧操縦系統を喪失しながら奇跡の生還を果たしたスー・シティ事故との比較検証を大幅に加筆して文庫化。疲労亀裂発見の問題や、乗員・関係者の免責についても問う!!

製品情報

製品名 壊れた尾翼
著者名 著:加藤 寛一郎
発売日 2004年06月19日
価格 定価 : 本体933円(税別)
ISBN 978-4-06-256854-8
判型 A6変型
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 ’87年8月に技報堂出版から刊行された『壊れた尾翼』に文庫版補章を加筆したもの。

著者紹介

著:加藤 寛一郎(カトウ カンイチロウ)

1935年、東京に生まれる。1960年、東京大学工学部航空学科を卒業し、川崎重工業に入社。その後、アメリカ・ボーイング社を経て、1971年に東京大学工学部航空学科助教授、1979年に同学科教授となり、1996年、同大学名誉教授。1996年から5年間、日本学術振興会理事。工学博士。

オンライン書店で見る