騒音文化論―なぜ日本の街はこんなにうるさいのか

講談社+α文庫
ソウオンブンカロンナゼニホンノマチハコンナニウルサイノカ
騒音文化論―なぜ日本の街はこんなにうるさいのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

うるさい日本に、嫌悪感で虫酸(むしず)が走り、反吐(へど)が出る!
「善良」人たちが撒き散らす「注意」「お願い」「告知」が諸悪の根源。たえず指示(サイン)されることを望む日本人の「からだ」。戦う哲学者の本当の敵は「日本と日本人」だ。

「善良」な人たちが撒き散らす注意・挨拶・お願いなどのテープ放送や、機械音への抗議。戦う哲学者は管理標語や看板、大垂れ幕にまで戦場を拡大した!!都市や農村や行楽地などの「文化空間」に決定的なずれを覚える哲学者の「からだ」と、平均的日本人の「からだ」の違いとは?日本人の感性の根底を見据えながらも、そのずれから生じる怒り・憎しみ・不安・人間不信・人間嫌悪、そして「差別」に感じる恥ずかしさを告白する「かつてない日本人論」!!

製品情報

製品名 騒音文化論―なぜ日本の街はこんなにうるさいのか
著者名 著:中島 義道
発売日 2001年04月19日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-256511-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社+α文庫
初出 備考参照

書店在庫を見る