紅蓮瞠目 斎姫繚乱

講談社X文庫ホワイトハート
グレンノドウモクイツキヒメリョウラン
  • 電子あり
紅蓮瞠目 斎姫繚乱
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長和5年(1016年)晩秋。怒りで感情が高ぶると体躯(からだ)の内の火龍が表に現れてしまう義明は、重家の誘いで修行のため山に籠る。一方、宮は義明の留守中に朱雀丸が持ってきた伝説の『仏の鉢』を見せてもらう。その後、日に日に元気がなくなり痩せていく宮。山から戻った義明はそんな宮の姿に愕然とする。呪詛? いったい誰が宮を呪っているのか(講談社X文庫ホワイトハート)。


宮の生命が削られていく!!
宮を呪う者は――香久夜か道長、それとも……!?

長和5年(1016年)晩秋。怒りで感情が高ぶると体躯(からだ)の内の火龍が表に現れてしまう義明は、重家の誘いで修行のため山に籠る。一方、宮は義明の留守中に朱雀丸が持ってきた伝説の『仏の鉢』を見せてもらう。その後、日に日に元気がなくなり痩せていく宮。山から戻った義明はそんな宮の姿に愕然とする。呪詛……!? いったい誰が……!?

製品情報

製品名 紅蓮瞠目 斎姫繚乱
著者名 著:宮乃崎 桜子 絵:浅見 侑
発売日 2006年07月02日
価格 定価:638円(本体580円)
ISBN 978-4-06-255889-1
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る