傀儡の巫女 眠る探偵(3)

講談社X文庫ホワイトハート
クグツノミコネムルタンテイ
  • 電子あり
傀儡の巫女 眠る探偵(3)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

狂気という名の愛もある。愛しすぎて殺せない。残る道はひとつだけ……。美貌の探偵・市羅木真音(いちらぎまおん)の元に、義兄・連雀利彦から依頼が入った。『御遣(みつか)い様』と呼ばれる神と話す巫女・千厩(せんまや)乙葉が教主を務める『光の精霊会』について、調べてほしいというのだ。一方、真音を愛する殺人者・三条槇の魔の手は思いがけない方向から迫りつつあった。大切なものを守るため、苦悩する真音だが!?


狂気という名の愛もある
愛しすぎて殺せない。残る道はひとつだけ……

「――愛にはいろんな形があるんだと思う」美貌の探偵・市羅木真音(いちらぎまおん)の元に、義兄・連雀利彦から依頼が入った。『御遣(みつか)い様』と呼ばれる神と話す巫女・千厩(せんまや)乙葉が教主を務める『光の精霊会』について、調べてほしいというものだ。一方、真音を愛する殺人者・三条槇の魔の手は思いがけない方向から迫りつつあった。大切なものを守るため、苦悩する真音だが!?

目次

傀儡の巫女

銃と傍観者

あとがき

製品情報

製品名 傀儡の巫女 眠る探偵(3)
著者名 著:榎田 尤利 絵:石原 理
発売日 2006年07月02日
価格 定価 : 本体580円(税別)
ISBN 978-4-06-255884-6
判型 A6
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る