華燭恋唄 斎姫繚乱

講談社X文庫ホワイトハート
カショクノコイウタイツキヒメリョウラン
  • 電子あり
華燭恋唄 斎姫繚乱
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長和4年(1015年)初夏。相変わらず、記憶を封じられたままの義明(よしあきら)だったが、宮への愛しい想いはつのるばかりだった。一方、宮は香久夜(かくや)を悪しきモノと捉えていない義明に苛立ち、素直になれないでいた。そんな折、大納言頼通(よりみち)の子をなした召人(めしうど)が急死し、頼通も悪霊に取り憑かれた。子どもができない正妻の呪詛なのか(講談社X文庫ホワイトハート)。


宮をとりまくせつない恋!?
子供を産むだけが男と女の愛なのか……!?

長和4年(1015年)初夏。相変わらず、記憶を封じられたままの義明(よしあきら)だったが、宮への愛しい想いはつのるばかりだった。一方、宮は香久夜(かくや)を悪しきモノと捉えていない義明に苛立ち、素直になれないでいた。そんな折、大納言頼通(よりみち)の子をなした召人(めしうど)が急死し、頼通も悪霊に取り憑かれた。子どもができない正妻の呪詛(じゅそ)なのか……!?

製品情報

製品名 華燭恋唄 斎姫繚乱
著者名 著:宮乃崎 桜子 絵:浅見 侑
発売日 2005年06月03日
価格 定価:605円(本体550円)
ISBN 978-4-06-255809-9
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る