風-BLOW- 硝子の街にて(19)

講談社X文庫ホワイトハート
カゼブロウガラスノマチニテ
  • 電子あり
風-BLOW- 硝子の街にて(19)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

その日。二機の旅客機がツイン・タワーに激突した。ニューヨークを描き続けてきた著者、渾身の鎮魂歌。2001年9月11日。空はどこまでも高く、蒼く、爽やかだった。前夜、ささいな喧嘩をしたノブとシドニーの目に映ったものは、紅蓮(ぐれん)の炎を上げるツイン・タワー。NY消防局のスティーブはシフト明けだったが、出動命令がだされるやいなや、ビルへ向かって飛び出していく。それぞれの9・11が始まった。


悪夢ではなく、現実なのだ……
その日。二機の旅客機がツイン・タワーに激突した。ニューヨークを描き続けてきた著者、渾身の鎮魂歌。

2001年9月11日。私たちは決してこの日を忘れることができないだろう。空はどこまでも高く、蒼く、爽やかだった。前夜、ささいな喧嘩をしたノブとシドニーの目に映ったものは、紅蓮(ぐれん)の炎を上げるツイン・タワー。NY消防局のスティーブはシフト明けだったが、出動命令がだされるやいなや、ビルへ向かって飛び出していく。それぞれの9・11が始まった。どこまでもピュアなNYラブストーリー。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 A Bolt from The Blue
  • 第二章 America Under Attack
  • 第三章 Dead on Arrival
  • エピローグ
  •  あとがき

製品情報

製品名 風-BLOW- 硝子の街にて(19)
著者名 著:柏枝 真郷 絵:茶屋町 勝呂
発売日 2005年03月06日
価格 定価:660円(本体600円)
ISBN 978-4-06-255784-9
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る