龍棲宝珠 斎姫繚乱

講談社X文庫ホワイトハート
リュウノスムタマイツキヒメリョウラン
  • 電子あり
龍棲宝珠 斎姫繚乱
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長和2年(1013年)秋。敦康(あつやす)親王の許婚者(いいなずけ)、琴姫は香久夜が女房として出仕した直後、突然の高熱で病に伏せる。宮は香久夜の仕業ではないかと疑い、義明は高熱の原因が龍と知り、宮の式神の水曜星ではないかと疑う。互いに本心を言えず気まずい宮と義明。だが、病の原因は宝珠(たま)に棲む火龍だった。封じるには、生命が必要という。義明は宮を助け、自らの生命(いのち)を捧げた。そして……!?


義明(よしあきら)の生命が……!? 義明の心が見えず不安を抱く宮。帝への入内を諦めた香久夜(かくや)は新たな陰謀を……。長和2年(1013年)秋。敦康(あつやす)親王の許婚者(いいなずけ)、琴姫は香久夜が女房として出仕した直後、突然の高熱で病に伏せる。宮は香久夜の仕業ではないかと疑い、義明は高熱の原因が龍と知り、宮の式神の水曜星ではないかと疑う。互いに本心を言えず、気まずい宮と義明。だが、病の原因は宝珠(たま)に棲む火龍だった。封じるには、生命が必要という。義明は宮を助け、自らの生命(いのち)を捧げた。そして……!?

製品情報

製品名 龍棲宝珠 斎姫繚乱
著者名 著:宮乃崎 桜子 絵:浅見 侑
発売日 2004年10月06日
価格 定価:572円(本体520円)
ISBN 978-4-06-255757-3
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る