海月奇談(下)

講談社X文庫ホワイトハート
カイゲツキダン
  • 電子あり
海月奇談(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天本の脳裏に、あの男の言葉がよみがえる。行方不明になった河合。重傷を負った早川。龍村は負傷し、誰より愛しい敏生は拐された。そしてついに式神・小一郎までもが――。これはおまえの罪。知らなかった罪。知ろうとしなかった罪。あの男はそう言った。では、すべての事件はそのために起きたのだというのか。だが、いったい誰がこんな――? 天本の前にいま、驚愕の真相が現れる……。


罪(SIN)――それが、おまえの名。
愛する人々を襲ったのはいったい何者なのか。ただひとり残されたとき、天本森は――?

「おまえの名は森――罪(SIN)」
天本の脳裏に、あの男の言葉がよみがえる。行方不明になった河合。重傷を負った早川。龍村は負傷し、誰より愛しい敏生は拐された。そしてついに式神・小一郎までもが――。これはおまえの罪。知らなかった罪。知ろうとしなかった罪。あの男はそう言った。では、すべての事件はそのために起きたのだというのか。だが、いったい誰がこんな――? 天本の前にいま、驚愕の真相が現れる……。

目次

  • 六章 影をまとってひとり
  • 七章 僕は用意もなく
  • 八章 巻き戻しすぎた時間
  • 九章 自由なはずだった未来
  • 十章 消したい記憶を
  • 十一章 雨が止んだなら
  •  下巻のためのあとがき

製品情報

製品名 海月奇談(下)
著者名 著:椹野 道流 絵:あかま 日砂紀
発売日 2003年10月03日
価格 定価 : 本体600円(税別)
ISBN 978-4-06-255698-9
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る