琴歌奇談

講談社X文庫ホワイトハート
コトウタキダン
  • 電子あり
琴歌奇談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ほんの1泊の小旅行だった。絵の師匠と、ちょっと出雲(いずも)に出かけただけだったのだ。今夜はもう天本(あまもと)に会える。1晩離れていただけで恋しくてたまらない天本に、今夜は会える。そう信じて疑わなかった。ところが、敏生が戻ってみると、我が家は無人だった。その異様な雰囲気に敏生は戦慄した。式神の気配すら感じられない。天本は、いったいどこに消えてしまったのか。愛しい人を捜して、敏生の戦いが始まる!


心の絆よ、響け。かの人の標(しるべ)となるように。
闇を切り裂くネオ・オカルト・ノヴェル!

旅行から戻った敏生(としき)を待っていたものは、思いもかけない事態だった。必死の闘いが始まる!

ほんの1泊の小旅行だった。絵の師匠と、ちょっと出雲(いずも)に出かけただけだったのだ。今夜はもう天本(あまもと)に会える。1晩離れていただけで恋しくてたまらない天本に、今夜は会える。そう信じて疑わなかった。
ところが・・・敏生が戻ってみると、我が家は無人だった。その異様な雰囲気に敏生は戦慄した。式神の気配すら感じられない。天本は、いったいどこに消えてしまったのか。愛しい人を捜して、敏生の戦いが始まる!

目次

  • 一章 これまでの予測なんて
  • 二章 直感的な君だから
  • 三章 鍵のない場所へ
  • 四章 擦り抜けてゆく時間
  • 五章 取り残された夢
  • 六章 通り過ぎる雨
  • 七章 消えない奇跡
  • あとがき

製品情報

製品名 琴歌奇談
著者名 著:椹野 道流 絵:あかま 日砂紀
発売日 2003年04月04日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-255665-1
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る