嶋子奇談

講談社X文庫ホワイトハート
シマコキダン
  • 電子あり
嶋子奇談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

監察医・龍村泰彦の誘いで、丹後半島の海辺に住む彼の祖母の家を共に訪れた天本と敏生は、そこで奇妙な事実を知る。龍村が6歳の少年だった頃、神隠しに遭った経験があるというのだ。だが、現在の龍村は、当時の記憶をほとんどなくしていた。やがて、奇怪な出来事が彼らを襲い、龍村の記憶が蘇りはじめる。記憶が完全に再生されたとき、果たして何が起こるのか。天本と敏生は、龍村を護ることができるのか!?


きっと帰ろう。約束したように。
闇を切り裂くネオ・オカルト・ノヴェル最新刊!
神隠しに遭って、戻ってきた少年。成長した彼が再びその地を訪れたとき、ずっと待っていた存在とは!?

監察医・龍村泰彦の誘いで、丹後半島の海辺に住む彼の祖母の家を共に訪れた天本と敏生は、そこで奇妙な事実を知る。龍村が6歳の少年だった頃、神隠しに遭った経験があるというのだ。だが、現在の龍村は、当時の記憶をほとんどなくしていた。やがて、奇怪な出来事が彼らを襲い、龍村の記憶が蘇りはじめる。記憶が完全に再生されたとき、果たして何が起こるのか。天本と敏生は、龍村を護ることができるのか!?

目次

  • 一章 色の違う空を見上げて
  • 二章 穏やかな時の隙間に
  • 三章 たまには目をつぶって
  • 四章 安らぎのある場所で
  • 五章 気づかずに気づけずに
  • 六章 見つからない言葉
  • 七章 永遠の終わり
  •  あとがき

製品情報

製品名 嶋子奇談
著者名 著:椹野 道流 絵:あかま 日砂紀
発売日 2001年11月02日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-255581-4
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る