童子切奇談

講談社X文庫ホワイトハート
ドウジキリキダン
  • 電子あり
童子切奇談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「え……えええええええええっ!」「ば、馬鹿な――」弥生3日の雛祭り――男所帯ながら、ちらし寿司などを愉しく食していた天本と敏生(としき)は、その夜、テレビのニュースに目をむいた。京都で、平安装束の謎の男が、刀で通行人を傷つけ、行方を晦(くら)ましたというのである。が、その男の顔はまぎれもなく、「たっ、龍村さん……!」――それが思いがけぬ事件の発端であった。

目次

  • 一章 いつかのように 昨日のように
  • 二章 そんな世界と違うとこまで
  • 三章 僕だけがフィクション
  • 四章 切りぬけるだけの日々
  • 五章 夢の真ん中を歩いて
  • 六章 これが我慢できる唯一の傷
  • 七章 いずれ消える時を知り
  • 八章 いつもと違う場所で
  • あとがき

製品情報

製品名 童子切奇談
著者名 著:椹野 道流 絵:あかま 日砂紀
発売日 2001年03月02日
価格 定価:792円(本体720円)
ISBN 978-4-06-255532-6
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る