蔦蔓奇談

講談社X文庫ホワイトハート
ツタカズラキダン
  • 電子あり
蔦蔓奇談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「できるだけ早く、帰ってきますね」――ひとりは、さびしいから。そう言って、微笑(わら)って父のもとに出かけていった敏生の、なつかしい、可憐な姿。――冷たい父だった、という。優しい言葉ひとつ、かけてもらえなかったという。けれど、死期が迫ったとき、彼は突然、息子に言ってきたのだ。会いたい――と。(……何か、胸騒ぎがする……)天本の予感は、まさに的中しようとしていた!

目次

  • 一章 君の影をいつも
  • 二章 こぼれた砂時計
  • 三章 生真面目な祈りを
  • 四章 欠けても割れても
  • 五章 恐れの籠の中で
  • 六章 溢れ出す光の中で
  • あとがき

製品情報

製品名 蔦蔓奇談
著者名 著:椹野 道流 絵:あかま 日砂紀
発売日 2000年11月02日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-255511-1
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る