六花風舞

講談社X文庫ホワイトハート
イツキヒメイブン03リッカカゼニマウイツキヒメイブン
  • 電子あり
六花風舞
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

寛弘3年(1006)晩秋、平安京。処女の産む“神の子”が世を救うという邪教が、末法思想に揺れる世間に広まっていた。義明と出家した親友の重家が、邪教のからくりを暴く。だが、“神の子”と崇められた魔物は、赤子の姿で女たちの腹を喰い破る! 怪我をおして闘おうとする宮の前に、魔物を庇って立ちはだかったのは、承香殿の女御――かつて帝に入内した、重家の妹――だった。しかも、魔物の背後には……!?


処女(おとめ)に宿った〈神の子〉が末法(まっぽう)を救う!?
〈神の子〉と崇められて、女たちを喰らう魔物の出現!動揺する姫宮を庇って闘う義明(よしあきら)に勝機はあるのか!?

寛弘3年(1006)晩秋、平安京。処女(おとめ)の産む“神の子”が世を救うという邪教が、末法思想に揺れる世間に広まっていた。義明と出家した親友の重家(しげいえ)が、邪教のからくりを暴く。だが、“神の子”と崇められた魔物は、赤子の姿で女たちの腹を喰い破る!怪我をおして闘おうとする宮の前に、魔物を庇って立ちはだかったのは、承香殿(しょうきょうでん)の女御――かつて帝に入内(じゅだい)した、重家の妹――だった。しかも、魔物の背後には……!?

製品情報

製品名 六花風舞
著者名 著:宮乃崎 桜子 絵:浅見 侑
発売日 1998年11月05日
価格 定価:517円(本体470円)
ISBN 978-4-06-255380-3
判型 A6
ページ数 228ページ
シリーズ 講談社X文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る