まるでプラトニック・ラブ

講談社X文庫ホワイトハート
マルデプラトニック・ラブトウキョウボーイズレヴォリューション
まるでプラトニック・ラブ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

センセは男とはダメなの?僕には興味ない?
気持ちよくしてあげたいんだ……。
28歳の予備校講師・久住(くずみ)は、電車の中で1人の美少女に声をかけた。──「きみ、男の子でしょ?」


予備校講師の久住は、肩に擦り寄ってくる感触に、半分眠ったままで腕を彷徨(さまよ)わせた。
(──あれ?)
抱き寄せた身体は温かかったが、なにかが違った。
スレンダーな女性は好みだけれど、こんなにも肉付きの悪いヒップはついぞ覚えがない。
──そうだ。痩せた女ではない。これは、発育途上の少年の身体だ。
目を開けるとそこには、昨日、山手線の中で拾った桜庭環(さくらばたまき)のあどけない寝顔があった。

製品情報

製品名 まるでプラトニック・ラブ
著者名 著:水無月 さらら 絵:おおや 和美
発売日 1998年07月24日
価格 定価 : 本体440円(税別)
ISBN 978-4-06-255367-4
判型 A6
ページ数 202ページ
シリーズ 講談社X文庫

おすすめの本