幻月奇談

講談社X文庫ホワイトハート
ゲンゲツキダン
  • 電子あり
幻月奇談
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

神隠しにあった孫娘を捜す天本と敏生は!? 12月中旬のある日。森と敏生は、早川から駅前の喫茶店に呼び出される。そこには、早川と見知らぬ老婦人が待っていて、神隠しにあった孫娘を捜してと言われて……


あの人は死んだ。最後まで私を拒んで。
百鬼妖魔を討ち破る!ネオ・オカルト・ノヴェル!
消えた少女は本当に神隠しに遭ったのか。彼女の行方を追って、冬の金沢に飛んだ天本(あまもと)と敏生(としき)は……!?

天本の喉から、苦悶の声があがった。
まがまがしいほど美しい――あの人の面影をうつした人形のやわらかな舌が、無抵抗の天本の唇を、ゆっくりと割っていく。
(罠だ。……これは、妖(あやか)しの仕掛けた……罠だ)だが抗(あらが)う力は、もはや残っていなかった。(すまない、敏生……)
――それが、最後の正気の言葉であったか。
追儺師(ついなし)・天本と半精霊・敏生。話題のコンビが百鬼を討つ! ネオ・オカルト・ノヴェル!!

製品情報

製品名 幻月奇談
著者名 著:椹野 道流 絵:あかま 日砂紀
発売日 1998年07月03日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-255361-2
判型 A6
ページ数 338ページ
シリーズ 講談社X文庫

オンライン書店で見る