増補版 「フランスの最も美しい村」 全踏破の旅

講談社ARTピース
ゾウホバンフランスノモットモウツクシイムラゼントウハノタビ
  • 電子あり
増補版 「フランスの最も美しい村」 全踏破の旅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「フランスの最も美しい村」とは、1982年に設立された「フランスの最も美しい村」協会が、地方の村の保全と活性化を目指して厳密な基準のもとに審査、公認する。その活動は「世界で最も美しい村」連合へと発展し、ベルギー、カナダ、イタリア、日本、スペイン、スイスと世界的に広がってきた。
写真家吉村和敏が各国の「最も美しい村」を全踏破(取材時点)し、これまでにフランス、イタリア、ベルギー、スペインを写真集として刊行してきた。
本書は、2009年に刊行した、記念すべき第1作に2017年時点で追加された10村を加え刊行した増補版である。
掲載しているのは全156村。村々の美しい景色と、そこに誇りを持って暮らす人々の息遣いを写しとった、珠玉のガイド写真集。

■北東部
1.アルザス、ロレーヌ
2.フランシュ・コンテ
3.ブルゴーニュ
4.ピカルディ
■南東部
5.プロヴァンス・アルプ=コート・ダジュール、コルス
6.ローヌ・アルプ
■南西部
7.ミディ・ピレネー
8.ラングドック・ルシヨン
9.オーヴェルニュ、リムーザン
10.アキテーヌ、ポワトゥ・シャラント
■北西部ほか
11.ペイ・ド・ラ・ロワール、サントル
12.ブルターニュ、ノルマンディ
13.イル・ド・フランス、レユニオン

ロードマップ、アルファベット順索引付き

製品情報

製品名 増補版 「フランスの最も美しい村」 全踏破の旅
著者名 著:吉村 和敏
発売日 2017年07月21日
価格 定価:3,080円(本体2,800円)
ISBN 978-4-06-220690-7
判型 A5
ページ数 272ページ

著者紹介

著:吉村 和敏(ヨシムラ カズトシ)

1967年、長野県松本市で生まれる。県立田川高校卒業後、東京の印刷会社で働く。退社後、1年間のカナダ暮らしをきっかけに写真家としてデビューする。以後、東京を拠点に世界各国、国内各地を巡る旅を続けながら撮影活動を行っている。2003年カナダメディア賞大賞受賞、2007年日本写真協会賞新人賞受賞、2015年東川賞特別作家賞受賞

書店在庫を見る

オンライン書店で見る