祟り婿 古道具屋 皆塵堂

文芸(単行本)
タタリムコフルドウグヤカイジンドウ
祟り婿 古道具屋 皆塵堂
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「早死にの祟り」に取り憑かれた居候は幽霊嫌い!?――曰くつきの古道具が揃う皆塵堂で働き始めた連助は、幽霊や呪いの話をまったく信じていない。そのため同じ道具屋で、幽霊が見えるという太一郎のことを敵視している。ある日、質草を仕舞っている蔵から妙な音がするというので、皆塵堂の店主・伊平次らとその質屋に泊まることとなった連助。その音の正体は? そして連助が幽霊を信じないのも、ある祟りが……


「早死にの祟り」に取り憑かれた
居候は幽霊嫌い!?

曰く品ばかりの皆塵堂にまた一癖ある奉公人が……

とぼけた笑いとあと引く怖さ。
人気急上昇の「人情怪談騒動記」!

曰くつきの古道具が揃う皆塵堂で働き始めた連助は、
幽霊や呪いの話をまったく信じていない。
そのため同じ道具屋で、幽霊が見えるという太一郎のことを敵視している。
ある日、質草を仕舞っている蔵から妙な音がするというので、
皆塵堂の店主・伊平次らとその質屋に泊まることとなった連助。
その音の正体は? そして連助が幽霊を信じないのも、ある祟りが……

目次

  • 質屋蔵
  • 衝立から覗く顔
  • 幽霊屋敷 出ても見ぬ振り
  • 六連屋と妖刀
  • 刀を折る者

製品情報

製品名 祟り婿 古道具屋 皆塵堂
著者名 著:輪渡 颯介
発売日 2015年05月13日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-219499-0
判型 四六
ページ数 250ページ
初出 「質屋蔵」…「メフィスト」2014 VOL.3。「衝立から覗く顔」「幽霊屋敷 出ても見ぬ振り」「六連屋と妖刀」「刀を折る者」は書き下ろし。

著者紹介

著:輪渡 颯介(ワタリ ソウスケ)

1972年、東京都生まれ。明治大学卒業。2008年に『掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南』で第38回メフィスト賞を受賞し、デビュー。怪談と絡めた時代ミステリーを独特のユーモアを交えて描く。主な作品に『無縁塚』『古道具屋 皆塵堂』『迎え猫 古道具屋 皆塵堂』『ばけたま長屋』などがある。