眠れる森の美女 クラシックバレエおひめさま物語

ネムレルモリノビジョクラシックバレエオヒメサマモノガタリ
文:藤本 ひとみ 絵:東 逸子 原作:ペロー
  • 電子あり
眠れる森の美女 クラシックバレエおひめさま物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

開幕前、3つの謎 1 この物語を書いた人は 2 舞台となった城は 3 バレエとなった理由は  プロローグ オーロラ姫の誕生 第1幕 16歳の誕生日 第2幕第1場 美しい王子 第2幕第2場 2人の出会い 第3幕 結婚パーティ バレエを愛するすべての皆様へ


■昔々のこと。やっとのことで跡継ぎのお姫さまに恵まれたフロレスタン21世は、姫の健やかな成長を見守ってもらおうと、国中の妖精を洗礼式に招待しました。そしてお姫さまはオーロラ姫と名づけられて、お祝いに妖精たちから様々なプレゼントを贈られました。しかし式典長のミスでもっとも性質の悪い妖精カラボスが招待客のリストからもれていたのです。カラボスはめでたい祝いの場に乱入し、この無礼の仕返しをしてやる、とオーロラ姫に呪いをかけました。美しく成長した姫は糸紡ぎの針に指を刺されて死ぬというのです。しかしまだ贈り物をしていなかったリラの精がカラボスの呪いを薄め、姫は100年の眠りについた後、王子の訪れによって目を覚ますと救いの手を差し伸べました。
 さて、美しく成長し16歳の誕生日を迎えたオーロラには求婚者も現れ、城はめでたい雰囲気に包まれました。そこへ老婆に変装したカラボスが現れて姫に花束を渡しましたが、その中に針が隠されており、オーロラ姫は指を刺されて倒れてしまいました。嘆き悲しむ王や王妃の前にリラの精が現れ、王や王妃を始め、人間から動物、調度品に至るまですべてをオーロラ姫とともに眠らせてしまいました。オーロラ姫は、誰にも100年の眠りを邪魔されることなく深い眠りについたのでした。
 そして100年の時がたち……おなじみのストーリーは、意外な結末を迎えます。

目次

  • 開幕前、3つの謎
  •  1 この物語を書いた人は
  •  2 舞台となった城は
  •  3 バレエとなった理由は
  • プロローグ オーロラ姫の誕生
  • 第1幕    16歳の誕生日
  • 第2幕 第1場 美しい王子
  • 第2幕 第2場 2人の出会い
  • 第3幕 結婚パーティ
  • バレエを愛するすべての皆様

製品情報

製品名 眠れる森の美女 クラシックバレエおひめさま物語
著者名 文:藤本 ひとみ 絵:東 逸子 原作:ペロー
発売日 2014年12月12日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-219297-2
判型 A5
ページ数 98ページ

著者紹介

文:藤本 ひとみ(フジモト ヒトミ)

長野県生まれ。西洋史への深い造詣と綿密な取材に基づく歴史小説に定評がある。フランス政府観光局親善大使。おもな著作に、『新・三銃士』『皇妃エリザベート』『シャネル』『アンジェリク緋色の旗』『ハプスブルクの宝剣』『王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇のすべて』『幕末銃姫伝』『維新銃姫伝』など。青い鳥文庫には「探偵チームKZ事件ノート」シリーズ、『マリー・アントワネット物語』『美少女戦士ジャンヌ・ダルク物語』『新島八重物語』などの作品がある。

絵:東 逸子(アズマ イツコ)

佐賀県生まれ。東京芸術大学デザイン科卒。ヨーロッパ風の幻想的な画風で早くから評価され、エッチング、ドローイング、造形などで、独自の世界を開拓する。画集、絵本、挿画なども手がけ、画集には『アクエリウム』『パッサカリア』などが、挿画を担当した作品には「月神シリーズ」「イサナシリーズ」(ともに文・たつみや章)などがある。青い鳥文庫の『眠れる森の美女―ペロー昔話集』の挿画も担当している。

おすすめの本

オンライン書店で見る