絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット

絵本
エホンマドギワノトットチャンイチニカンセット
  • 電子あり
絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 絵本 窓ぎわのトットちゃん 1
  • 窓ぎわのトッ卜ちゃん
  • 新しい学校
  • 校長先生
  • 電車の教室
  • 授業
  • 海のものと山のもの
  • 散歩
  • 名前のこと
  • もどしとけよ
  • 電車がくる
  • プール
  • 大冒険
  • トッ卜ちゃんの自由が丘
  • 絵本 窓ぎわのトットちゃん 2
  • 肝試し
  • いちばんわるい洋服
  • 運動会
  • おさげ
  • 白鳥の湖
  • 畠の先生
  • はんごうすいさん
  • 「ほんとうは、いい子なんだよ。」
  • ボロ学校
  • ヴァイオリン
  • 約束
  • さよなら、さよなら
  • トットちゃんからみなさんへ 書き忘れた「みんないっしょだよ。」

製品情報

製品名 絵本 窓ぎわのトットちゃん 1・2巻セット
著者名 文:黒柳 徹子 絵:いわさき ちひろ
発売日 2014年07月16日
価格 定価:本体3,000円(税別)
ISBN 978-4-06-218905-7
判型 B5変型
ページ数 196ページ

著者紹介

文:黒柳 徹子(クロヤナギ テツコ)

東京生まれ。東京音楽学校声楽科を卒業し、NHK放送劇団に入団。女優だけでなく、「徹子の部屋」(テレビ朝日)の司会、「日立 世界ふしぎ発見!」(TBS)のレギュラーなどのテレビ番組、コンサートなどでも活躍。1981年出版の『窓ぎわのトットちゃん』は、ベストセラーとなり、世界35ヵ国で翻訳される。社会福祉法人トット基金で、プロのろう者の劇団を作ったり、ユニセフ(国際児童基金)親善大使を務めたりと社会貢献活動でも知られる。ちひろ美術館(東京・安曇野)館長を務める。

絵:いわさき ちひろ(イワサキ チヒロ)

1918年、福井県に生まれ、東京で育つ。東京府立第六高等女学校卒業。藤原行成流の書を学び、絵は岡田三郎助、中谷泰、丸木俊に師事。子どもを生涯のテーマとして描き、9400点を超える作品を残す。1974年、55歳で没。代表作に『おふろでちゃぷちゃぷ』(童心社)、『あめのひのおるすばん』『ことりのくるひ』(至光社)、『戦火のなかの子どもたち』(岩崎書店)、画集に『ちひろBOX』(講談社)など。1977年、アトリエ兼自宅跡に、ちひろ美術館・東京開館。1997年、安曇野ちひろ美術館開館。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る