ラ・プッツン・エル 6階の引きこもり姫

ラプッツンエルロッカイノヒキコモリヒメ
ラ・プッツン・エル 6階の引きこもり姫
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

自らを童話の「ラプンツェル」になぞらえて「ラ・プッツン・エル」と呼ぶ少女・中学二年生の少女・高倉涼は『魔王』と呼ぶ父親と闘ったあと、両親、弟と離れ、マンション6階に引きこもってひとりで暮らしている。双眼鏡で外をながめるようになった涼は、ある日、マンションの前を通って通学する少年を見つけ、「ジャク」と名付けて、見守るようになったが……。


「むかしむかし、あるところに、たいへん狂暴なお姫さまがおりました。プッツンしてキレると手がつけられなくなるので『ラ・プッツン・エル』と呼ばれていました。……」
 自らを童話の「ラプンツェル」になぞらえて「ラ・プッツン・エル」と呼ぶ中学一年生の少女・高倉涼は、『魔王』と呼ぶ父親と激しく戦ったあと、両親、弟と離れ、マンション6階の部屋から一歩も外に出ずに、ひとりで暮らしている。童話のように自らの境遇と思いを語る「ラ・プッツン・エル」が、暴れたのには理由があった――。
 双眼鏡を見つけ、外をながめるようになった涼は、ある日、マンションの前を通って通学する少年に目をとめ、ひそかに「ジャク」と名付けて、見守るようになった。少年は、涼と同じ中学二年生、世界が汚いものであふれていると感じ、学校へ行くのもつらい日々を送っていた。
 あるできごとがきっかけとなり、少年は無人であるはずのマンション6階に、何者かが住んでいることをつきとめるが……。

製品情報

製品名 ラ・プッツン・エル 6階の引きこもり姫
著者名 著:名木田 恵子
発売日 2013年11月22日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218703-9
判型 四六
ページ数 210ページ
初出 『児童文芸』2012年2・3月号から2012年12月・2013年1月号に連載された「ラ・プッツン・エル」に加筆、修正を加えたもの。

著者紹介

著:名木田 恵子(ナギタ ケイコ)

名木田恵子(作家)
 東京都生まれ。文化学院卒業後、作家としてデビュー。詩、ジュニア小説、児童読み物、絵本の文章、エッセイなど、幅広く執筆。また、水木杏子のペンネームで漫画の原作を数多く手がけた。
 『レネット 金色の林檎』(金の星社/2012年講談社文庫にも収録)で2007年度児童文芸家協会賞受賞。
 主な作品に、『百の月~ムーンライト・エクスプレス』、『バースディクラブ(全6巻)』、『air―だれも知らない5日間―』『レネット 金色の林檎』(以上、青い鳥文庫)、「ふーことユーレイ」シリーズ(ポプラ社)、『赤い実はじけた』(PHP研究所)、「バレリーナ事件簿」シリーズ(フォア文庫・岩崎書店)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス