高雄病院「糖質制限給食」朝 昼 夕 14日間完全プログラム 糖尿病・肥満改善が自宅でできる!

タカオビョウイントウシツセイゲンキュウショクアサヒルユウジュウヨッカカンカンゼンプログラムトウニョウビョウヒマンカイゼンガジタクデデキル
高雄病院「糖質制限給食」朝 昼 夕 14日間完全プログラム 糖尿病・肥満改善が自宅でできる!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

糖質制限のカリスマDr.江部康二先生の高雄病院では、14日間の糖尿病改善教育入院プログラムとして「糖質制限給食」を実施している。昨今のブームで、「糖質制限食治療」を実践しようとする患者さんは増える一方である。しかし、自己流「糖質制限」は、なかなか血糖値が下がりきらないうえ、様々な危険を伴うことさえあるという。そこで本書では、高雄病院で実際に行われているプログラムやレシピを完全公開する。


著者の1冊目の『糖尿病・肥満を克服する 高雄病院の糖質制限給食』では、最も品数が多く、自宅でのニーズも多いであろう晩ごはんのみを紹介していました。
しかし、読者葉書のアンケートでは、「夜だけではわからない。朝、昼も通しで紹介してほしい」との声が後をたちません。 2冊目の『糖質制限ダイエット~』では、昼の給食をいくつか紹介しましたが、いわゆる1日を通して紹介するものはまだやっておりません。
 本来、高雄病院では、14日間の糖尿病改善教育入院プログラムとして「糖質制限給食」を実施しています。昨今のブームで認知度も高まり、全国から「糖質制限食治療」を目的とした、教育入院希望者が後を絶ちません。自己流「糖質制限」は、なかなか血糖値が下がりきらないうえ、様々な危険を伴うことさえありえます。
現在、雑誌などで“糖質制限は危険”とあおる記事がありますが、間違ったやり方をすれば危険を伴うのは当たり前で、正しく行う方法を今一度強く提案するのもひとつかと思います。
教育入院の基本プログラムは14日間で、14日間あれば現状から改善する人がほとんどです。
本書では、高雄病院に教育入院した場合の基本プログラムを紹介したうえ、最もオーソドックスな14日間の朝・昼・晩「糖質制限給食」レシピを紹介するものとします。

構成方法は、高雄病院に入院した人が踏んでいく段取りのとおり紹介し、自宅にいながらまるで高雄病院に教育入院したかのような感覚が得られるよう進めていきたいと考えます。

目次

  • ●高雄病院の教育入院とは
  • ●糖質制限で糖尿病や肥満が改善するワケ
  • ●糖質制限で食べてよいもの、避けるべきもの
  • ●教育入院の14日間の流れとルール
  • ●14日間の糖質制限給食 朝・昼・晩給食完全レシピ
  • <14日間給食にはそれぞれ下記説明がつきます>
  • ・その日ごとの入院生活の流れ説明
  • ・各献立の糖質制限ポイントの解説
  • ・糖質量、カロリー表記

製品情報

製品名 高雄病院「糖質制限給食」朝 昼 夕 14日間完全プログラム 糖尿病・肥満改善が自宅でできる!
著者名 著:江部 康二
発売日 2013年11月29日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218649-0
判型 B5
ページ数 96ページ

著者紹介

著:江部 康二(エベ コウジ)

医師、財団法人高雄病院理事長。1950年生まれ。京都大学医学部卒業。
2002年に自らが糖尿病であることに気づいて以来、糖尿病治療の研究に取り組み、「糖質制限食」の体系を確立。
これにより自身の糖尿病を克服する。その後、高雄病院での数多くの臨床活動を通じて、糖尿病・肥満・メタボリック症候群などに対する糖質制限食の画期的な治療効果を証明。
糖質制限食を初めて紹介した『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』はベストセラーとなり、全国で大反響を巻き起こした。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス