たからもの 深川澪通り木戸番小屋

文芸(単行本)
タカラモノ
たからもの 深川澪通り木戸番小屋
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸・深川。木戸番の笑兵衛とその妻、お捨は、人にいえない苦労の末に深川に流れてきたと噂されている。無口だが頼りがいのある笑兵衛と、ふっくらとした優しさで人々を包み込むお捨のもとには、困難な人生に苦しむ人々が日々、訪れる。悲しみや愁いを抱えた人たちの背中をそっと押す二人。生きてゆくことにささやかだが確かな希望の灯をともす、八篇を収録。今年3月に急逝した著者による、シリーズ最後の1冊。


江戸・深川。木戸番の笑兵衛とその妻、お捨は、人にいえない苦労の末に深川に流れてきたと噂されている。
無口だが頼りがいのある笑兵衛と、ふっくらとした優しさで人々を包み込むお捨のもとには、困難な人生に苦しむ人々が日々、訪れる。
悲しみや愁いを抱えた人たちの背中をそっと押す二人。
生きてゆくことにささやかだが確かな希望の灯をともす、八篇を収録。

今年3月に逝去した著者による、このシリーズ最後の1冊。

目次

  • 第一話 如月の夢
  • 第二話 かげろう
  • 第三話 たからもの
  • 第四話 照り霞む
  • 第五話 七分三分
  • 第六話 福の神
  • 第七話 まぶしい風
  • 第八話 暗鬼

製品情報

製品名 たからもの 深川澪通り木戸番小屋
著者名 著:北原 亞以子
発売日 2013年10月18日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-218629-2
判型 四六
ページ数 266ページ
初出 収録作品参照

著者紹介

著:北原 亞以子(キタハラ アイコ)

1938年、東京、新橋生まれ。1969年「粉雪舞う」で小説現代新人賞佳作、「ママは知らなかったのよ」で新潮新人賞、1989年『深川澪通り木戸番小屋』で泉鏡花文学賞、1993年『恋忘れ草』で直木賞、1997年『江戸風狂伝』で女流文学賞、2005年『夜の明けるまで 深川澪通り木戸番小屋』で吉川英治文学賞をそれぞれ受賞。ほかの著書に「慶次郎縁側日記」シリーズ、『父の戦地』、『あんちゃん』など多数。2013年3月、75歳にて死去。

書店在庫を見る