ロスト・インタビュー スティーブ・ジョブズ 1995

ロストインタビュースティーブジョブズ1995
ロスト・インタビュー スティーブ・ジョブズ 1995
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1995年、スティーブ・ジョブズはアップルを追放され、NeXTのCEOを務めていた。その際に受けたインタビューのテープは一度、所在不明となってしまう。ところが2011年、そのテープのコピーが発見された。いかにして25歳までに1億ドルの資産を得たか? なぜアップルを去ることになったのか? 自分が開発しているテクノロジーで将来、世界でどんなことが起きるか? 天才は人生どん底の時に何を考えていたのか


人生最大のピンチのとき、天才は何を考えていたか?
あの幻のインタビューが蘇る・・・1995年、アップルを追放されてNeXTのCEOを務めていたジョブズは、あるTV局の独占インタビューに応じた。しかし、取材されることを嫌うジョブズを口説き起こすことに成功して、収録した貴重な映像だったにかかわらず、オンエアではわずか数分しか使われることはなかった。そして、そのテープはロンドンからアメリカに送られる際に紛失し、どこにあるかわからなくなってしまった。そのため、人はそれをいつしか「ロスト・インタビュー」と呼ぶようになった。
ところが2011年、ジョブズが亡くなってからまもなく担当ディレクターのガレージでそのVHSテープ(コピー)は発見される。17年ぶりにそれは蘇ったのだ。
パソコンとの出会い/なぜアップル社を去ることになったのか/マイクロソフト社についてどう考えているか/あなたが開発しているテクノロジーによって、10年後はどんな世界ができていると思うか・・・・
 そんなことをテーマに語られた69分にわたるインタビュービデオは2011年11月にアメリカの19都市で公開された。
 このインタビューが行われた2年後、ジョブズはアップルに復帰、さらにその3年後にiPodが発売された。つまりこのインタビュー時、ジョブズは「失業中」だったと言えるかもしれないが、その際の「充電」によって飛躍できたとも考えられる。多くの人が「充電」せざるを得ない状況に追い込まれている日本の人々の心にも、天才の「失業時」の話は何かのヒントとなるだろう。

目次

  • 〈目次〉
  • ■日本語版
  • 人生を変えた「12歳の夏休み」/「やってみればいいさ」/21歳で気づいたビジネス常識のウソ/コンピュータが教えてくれること/その時、未来が見えた/なぜ一度成功した企業は失敗するか/IBM、アップルが勘違いする瞬間/日本の自動車工場を訪ねて/何がすばらしい製品を作り出すのか/優秀な人を使う方法/未来を予見して/アップルを去った理由/いまアップルは死にかけている/「マイクロソフトは日本人のようだ」/可能性はソフトウェアにある/10年後のコンピュータはこうなる/これこそ人類最大の発明
  • ■英語版(日本語翻訳付き)

製品情報

製品名 ロスト・インタビュー スティーブ・ジョブズ 1995
著者名 編:「スティーブ・ジョブズ 1995」MOVIE PROJECT
発売日 2013年09月11日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-218626-1
判型 新書
ページ数 242ページ
初出 1995年に収録され、2011年に再構成されたスティーブ・ジョブズ氏のインタビューを翻訳・編集したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス