文芸(単行本)
キズ
傷
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

膝の手術に失敗したプロ野球界の看板選手。再起を目指すなか、「わざとミスをされた」と担当した医師を刑事告訴するという前代未聞の事態に。そしてスポーツ医学界の権威だった担当医は失踪する。警察、メディアはそれぞれ探るが真相は見えない。そんななか、成果に飢える若手刑事と女性記者の意外なコンビは成立するのか? 警察×医療×野球、堂場瞬一の新たなる挑戦が始まった。


警察×医療×報道×野球 傷だらけの男と女
ハイブリッド警察小説!
堂場瞬一の新たなる挑戦

膝の手術に失敗したプロ野球界の看板選手。再起を目指すなか、「わざとミスをされた」と担当した医師を刑事告発するという前代未聞の事態に。そしてスポーツ医学界の権威だった担当医は失踪する。警察、新聞はそれぞれの筋から探るが、真相は見えない。成果に飢える若手刑事とアラサー女性記者の意外なコンビが成立するのか。

女性記者・西潟理恵に導かれるようにして、初事件にして難事件に取り組む新人・青井刑事の成長が清々しい、新たなる堂場エンターテインメント!

目次

  • 第1章 理不尽
  • 第2章 ある会見
  • 第3章 介入
  • 第4章 隔離された男
  • 第5章 下っ端
  • 第6章 正体
  • 第7章 交点
  • 第8章 数字は語る
  • 第9章 不自然
  • 第10章 突破口
  • 最終章 最後の黒幕

製品情報

製品名
著者名 著:堂場 瞬一
発売日 2013年09月20日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218564-6
判型 四六変型
ページ数 370ページ
初出 『小説現代』2011年12月号、2012年10月号~2013年7月号

著者紹介

著:堂場 瞬一(ドウバ シュンイチ)

1963年生まれ。茨城県出身。青山学院大学国際政治経済学部卒業。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞。著書に「刑事・鳴沢了」シリーズ、『八月からの手紙』『穢れた手』『歪』など多数。