NIPPON3.0の処方箋

文芸(単行本)
ニッポンサンテンゼロノショホウセン
NIPPON3.0の処方箋
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

社会的動物である人間が求める究極のコミュニケーションは「つながる」こと。インターネット上ですべての情報とつながってしまう今の時代だからこそ、より高度な思考力をもって人と関わり、一緒に問題を解決し、新しい価値を創り出す力が必要である。そうした「つながる力」を獲得する最新の理論と方法を説く。

製品情報

製品名 NIPPON3.0の処方箋
著者名 著:當作 靖彦
発売日 2013年07月05日
価格 定価 : 本体952円(税別)
ISBN 978-4-06-218461-8
判型 新書
ページ数 146ページ

著者紹介

著:當作 靖彦(トウサク ヤスヒコ)

カリフォルニア大学サンディエゴ校教授(Ph.D)、外国語プログラムディレクター。カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院修了。専門は第二言語習得理論と外国語教授法。
アメリカの日本語ナショナル・スタンダーズの作成に参加、現在、外国語ナショナル・スタンダーズ理事会日本語代表理事、外国語教育ロビー団体Joint National Committee on Languages日本語代表、全米日本語教育学会会長、一般社団法人日本外国語教育推進機構(JACTFL)の理事を務める。
Association of Teachers of Japanese前会長など、米国の外国語教育関連機関の要職を歴任。外国語教育、日本語教育に関する著書多数。
国際文化フォーラム(TJF)が主宰する「外国語教育のめやす」作成プロジェクトの監修者。2009年からTJFが桜美林大学や関西大学と共催している「学習のめやす」に準拠する外国語教師を対象としたセミナー等の主任講師を務める。