龍安寺石庭の謎 スペース・ガーデン

文芸(単行本)
リョウアンジセキテイノナゾ
龍安寺石庭の謎 スペース・ガーデン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

細川勝元が建立した龍安寺。その石庭に置かれた15個の石は何を表現しているのか。従来の説を覆し、夜空にまたたくカシオペア座を地上に移し替えた宇宙の庭(スペースガーデン)と推理する。さらに、勝元が龍安寺の山深くに隠したといわれる膨大な財宝について、大胆に推理する。(1996年刊行講談社文庫版の単行本化)


石庭は宇宙図だ!

細川勝元が建立した龍安寺。その石庭に置かれた15個の石は何を表現しているのか。従来の説をくつがえし、夜空にまたたくカシオペア座を地上に移し替えた宇宙の庭(スペース・ガーデン)と推理する。さらに、勝元が龍安寺の山深くに隠したといわれる膨大な財宝について、大胆に推理する。

※1996年刊行講談社文庫版の単行本化

目次

  • 第一章 王良と閣道
  •  真夜中の招待状
  •  須臾(すゆ)の世界
  •  カシオペアの庭
  • 第二章 宇宙の庭
  •  龍安寺建立
  •  小太郎石と北極星
  •  宇宙の庭
  • 第三章 龍安寺殿の謎
  •  石庭の真の作者は誰か?
  •  応仁の乱の裏側
  •  朱山に隠された秘宝
  • あとがき

製品情報

製品名 龍安寺石庭の謎 スペース・ガーデン
著者名 著:明石 散人
発売日 2013年01月26日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-218135-8
判型 四六
ページ数 266ページ
初出 1996年6月に刊行された「龍安寺石庭の謎 スペース・ガーデン」(講談社文庫)を底本にしたもの。

著者紹介

著:明石 散人(アカシ サンジン)

明石散人(あかし・さんじん)
1945年生まれ。美術、歴史、政治、物理……あらゆる分野にわたり博覧強記。独自の視点から常識・既存の枠組みを打ち破る「新説」を提示し鮮やかに実証する。映画監督・作家・テレビディレクターらに圧倒的な支持を受ける。
著書に『東洲斎写楽はもういない』『二人の天魔王』『ジェームス・ディーンの向こうに日本が視える』『謎ジパング』『アカシック ファイル』、鳥玄坊三部作、『日本国大崩壊』『七つの金印』など多数。