黒王妃

文芸(単行本)
クロオウヒ
  • 電子あり
黒王妃
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

黒王妃こと、フランス王アンリ二世の正室、カトリーヌ・ドゥ・メディシスの波乱の生涯――。国王崩御の際は白い喪服をつけるのがしきたりだったこの国で、生涯黒衣をまといつづけた異端の王妃を、一人称の独白を交えつつ大胆に描く。


フィレンツェの名門に生まれたカトリーヌは、フランス王に嫁ぎ10人の子を得る。だが夫、アンリ二世の愛情はもっぱら寵姫ディアーヌ・ドゥ・ポワティエに向けられていた。その愛情を取り戻す意味もあった馬上での試合。勝利したはずの夫は、そのときの傷が元で急死してしまった。
夫の死後も、子どもたちと近隣王室との結婚話をまとめたり、幼いシャルル九世の治世では摂政をつとめるなど、才覚を生かして手腕を振るう。
肥満体だったため、黒衣を着ているという説もあるほどの美食家で、子どもたちの誰よりも肝が据わっていた。
アンリ二世の死後も、フランスでは宗教的対立によって内戦が続いた。夥しく流される血の海、やがて国王シャルル九世によって読み上げられた処刑宣言は、誰の耳にも黒王妃の言葉に聞こえたのだった。

目次

  • 1 占いは気になる
  • 2 そう簡単な話じゃない
  • 3 あまりに野蛮で
  • 4 コンデでございます
  • 5 知っておられたのではないのですか
  • 6 できるだろう、おまえのような女なら
  • 7 大袈裟にする気はありません
  • 8 是が非でも
  • 9 今に始まった話じゃありません
  • 10 滑稽でございますな
  • 11 許容の範囲を超えています
  • 12 ここを動きませんからね
  • 13 またギーズ公か
  • 14 ルーアンだけは
  • 15 アンボワーズとは奇縁ですね
  • 16 目にものみせてあげましょう
  • 17 この河の畔には
  • 18 なかに仕掛けられたカラクリというのが
  • 19 もうすっかりスペイン人
  • 20 男の風上にも置けません
  • 21 こんな女のような奴が
  • 22 どこもかしこもアンリばかり
  • 23 おまえのような娘が
  • 24 縁談は進めさせていただきますよ
  • 25 父上の話を、なんと
  • 26 イタリアの女ですものね
  • 27 今なら多少の物音くらい
  • 28 これも神の配剤でございましょうぞ
  • 29 怖いのですね
  • 30 血なんか珍しいものじゃありません

製品情報

製品名 黒王妃
著者名 著:佐藤 賢一
発売日 2012年12月08日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-218089-4
判型 四六変型
ページ数 458ページ
初出 『小説現代』2011年9月号~2012年8月号

書店在庫を見る

オンライン書店で見る