聖書をわかれば英語はもっとわかる

セイショヲワカレバエイゴハモットワカル
聖書をわかれば英語はもっとわかる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 「聖書」というと、キリスト教徒(もしくはユダヤ教徒)でなければ日本人にとっては縁のないものと思われがち。けれども、英米では日々の生活の中で生きていて、その言葉や物語はふだんの会話、ニュース、映画や歌詞などで多用されています。逆に言えば、英語の学習に聖書は不可欠なのです。
 本書は、これまでメディアや日常会話など、あちこちで使われてきた例をふんだんに挙げながら、聖書と英語とその周辺世界をより深く理解する1冊です。
 著者は、その世界に人一倍詳しい西森マリー氏。日本人が知っている都市部のアメリカ人ではなく、もっと一般的なアメリカ人像を知るために、わざわざテキサスに暮らしたこともある人です。彼女がそこで経験したのは、聖書が生活の根幹をなしている人々との交流でした。詳しい知識がないと、話についていけない世界だったのです。
 聖書を知れば、英語はもっとわかる。『ふしぎなキリスト教』(橋爪大三郎、大澤真幸 著)がよく売れていることからも、キリスト教や聖書の人気には根強いものがあります。本書は旧約と新約のダイジェストから始め、そこからさらに深い世界へと読者を誘います。英語も、聖書も、そして英米圏の人のことも、よりよくわかるようになる1冊です。

目次

  • 序章: 聖書はこんな物語
  •  ~「旧約」と「新約」のあらすじガイド
  • 第1章: 聖書の言葉は日常会話でこんなに生きている!
  •  ~何気なく使っている表現の由来
  • 第2章: メディアと聖書
  •  ~新聞・雑誌の理解度が120%増す
  • 第3章: 映画の隠れたテーマ、実は・・・ 
  •  ~ホラー映画は聖書のテーマがてんこ盛り
  • 第4章: 英文学とは切っても切れない関係
  •  ~シェイクスピアから赤毛のアンまで
  • 第5章: ロックスターも大好きなフレーズの数々
  •  ~レディ・ガガもボン・ジョビも歌っている!
  • 付録: メールやカードに使える聖書由来の表現
  •  ~ちょっとグレードアップできる一言集

製品情報

製品名 聖書をわかれば英語はもっとわかる
著者名 著:西森 マリー
発売日 2013年04月02日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218027-6
判型 四六
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社パワー・イングリッシュ

著者紹介

著:西森 マリー(ニシモリ マリー)

ジャーナリスト。エジプト、カイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989年~1994年、テレビ朝日系「CNNモーニング」でアンカーを務めたほか、NHK「英会話I」の講師、NHKの海外向け英語放送のDJなどを務める。1998年からアメリカに拠点を移し、大統領選挙の取材などに力を入れている。テキサスを経て、現在はボストン在住。
主な著書に『この英語、ネイティヴにはジョーシキです!』(ジャパンタイムズ)、『西森マリーのカード、英語で書きましょう』(研究社)、『警告!絶対にマネをしてはいけない「ブッシュ君」英語集』(マガジンハウス)など、多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス