アルツハイマーはなぜアルツハイマーになったのか 病名になった人々の物語

アルツハイマーハナゼアルツハイマーニナッタノカビョウメイニナッタヒトビトノモノガタリ
アルツハイマーはなぜアルツハイマーになったのか 病名になった人々の物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

パーキンソン病、アルツハイマー病、アスペルガー症候群……病気や症状には発見者や患者の名前がつけられているものも多い。よく目にする神経疾患・脳疾患の名称ははどのような経緯で名づけられたのだろうか? 病名を切り口にして脳科学・神経学をひもとく、ユニークなメディカルヒストリー。ロングセラー『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか』のドラーイスマが挑む知的冒険。


パーキンソン病、アルツハイマー病、アスペルガー症候群……病気や症状には発見者や患者の名前がつけられているものも多い。
よく目にする神経疾患・脳疾患の名称ははどのような経緯で名づけられたのだろうか? 
シャルル・ボネ症候群、ジル・ド・ラ・トゥーレット症候群、クレランボー症候群、カプグラ症候群、コルサコフ症候群、ジャクソン型てんかん……。
病名を切り口にして脳科学・神経学をひもとく、ユニークなメディカルヒストリー。ロングセラー『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか』のドラーイスマが挑む知的冒険。

前作『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか』に贈られた好評
「なじみ深いはずの記憶の不思議さにあらためて気づかされた」…竹内薫さん(サイエンスライター)
「脳科学本が氾濫する中、信頼にあたいする本!」…斎藤環さん(精神科医)

目次

  • はじめに 「ドラーイスマ症候群」がありえない理由
  • 第1章 夕闇迫る頃、彼らがやってくる  シャルル・ボネ症候群
  • 第2章 苦しい震え パーキンソン病
  • 第3章 フィニアス・ゲージの死後の徘徊 
  • 第4章 ケレスティヌスの予言 ブローカ野
  • 第5章 ライデン瓶の火花  ジャクソンてんかん
  • 第6章 シベリアのブランデー コルサコフ症候群
  • 第7章 死ね、このバカ! ジル・ド・ラ・トゥーレット症候群
  • 第8章 もつれた迷路  アルツハイマー病
  • 第9章 神経学のメルカトル ブロードマンの脳地図
  • 第10章 狂気の大本 クレランボー症候群
  • 第11章 分身にお茶を カプグラ症候群
  • 第12章 小さな教授たち アスペルガー症候群
  • 第13章 カルダーノ的な科学停止

製品情報

製品名 アルツハイマーはなぜアルツハイマーになったのか 病名になった人々の物語
著者名 著:ダウエ・ドラーイスマ 訳:鈴木 晶
発売日 2014年05月22日
価格 定価 : 本体2,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218007-8
判型 四六
ページ数 374ページ

著者紹介

著:ダウエ・ドラーイスマ(ダウエ・ドラーイスマ)

Douwe Draaisma
オランダ、グローニンゲン大学の心理学史教授。『Metaphors of Memory(記憶の隠喩)』などの著書がある。オランダ語版『Waarom het leven sneller gaat als je ouder wordt』(2001)で、いくつかの科学賞、文学賞を受賞している。邦訳に『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか』(講談社)がある。

訳:鈴木 晶(スズキ シヨウ)

1952年東京生まれ。東京大学文学部卒。現在、法政大学国際文化学部教授。著書に『フロイト以後』(講談社現代新書)、『フロイト 精神の考古学者』(河出書房新社)、『フロイトからユングへ』(NHK出版)、『バレエとダンスの歴史』(平凡社)他多数。訳書に『ディアギレフ』(みすず書房)、ドラーイスマ『なぜ年をとると時間の経つのが速くなるのか』(講談社)、コット『奪われた記憶』(求龍堂)、ストー『フロイト』(講談社選書メチエ)、ゲイ『フロイト』(みすず書房)、ジジェク『ラカンはこう読め!』(紀伊國屋書店)他多数。

書店在庫を見る