乱世の名将 治世の名臣

文芸(単行本)
ランセノメイショウチセイノメイシン
乱世の名将 治世の名臣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国から江戸、幕末、明治へと――。知られざる名将たちが遺したもの、時代の脇役たちが紡ぐ名エピソード、誰もが知るあの人物の真実の姿。著者の揺るぎない公平な史観が、有名無名の歴史人物を浮かび上がらせる! ベストセラー『名将がいて、愚者がいた』から連なる、歴史読み物の決定版!!


戦国から江戸、幕末、明治へと――。
知られざる名将たちが遺したもの、時代の脇役たちが紡ぐ名エピソード、誰もが知るあの人物の真実の姿。著者の揺るぎない公平な史観が、有名無名の歴史人物を浮かび上がらせる! 

ベストセラー『名将がいて、愚者がいた』から連なる、歴史読み物の決定版!!

目次

I 歴史のクロスロード
 知られざる名将・長野業正
 柴田勝家は単なる猪武者か
 大友家の名臣・立花道雪
 高橋紹運、岩屋城に死す
 出藍の誉れ・立花宗茂
 浅井長政・痛恨の大錯覚
 似た者同士・源頼家と武田勝頼
 真田昌幸の生き残り策
 移りゆく「赤備え」
 時代考証あれやこれや
 「交渉人」間野甚右衛門の説得術
 お江与の方という女
 異界への手紙を書いた男たち
 徳川家光の生母は春日局か
 江戸城天守閣は再建すべきか
 殿中刃傷事件・豊島明重の場合
 江戸時代の名裁き三例
 「知恵伊豆」の夫婦愛
 三十三間堂の「通し矢」裏話
 田中玄宰の構造改革
 幕末の侠客・会津の小鉄
 近藤勇、土方歳三の偽名の由来
 ガットリング砲異聞
 山本帯刀・渡辺豹吉の「同葬の悲願」
 男たちは何を目指して戦ったのか
 坂本龍馬が明治を生きる
 黒田清隆は妻を斬殺したか
 「東洋一の用兵家」立見尚文
 日清・日露戦争寸感
 武士道精神が生きていた時代

II 時代は巡る
 三内丸山遺跡で考えた
 邪馬台国論争を考える
 私の「中世」
 私の古寺巡礼

III 私の会津史
 史論はどのように書かれるべきか
 烈婦・山本八重の会津戦争
 会津・長州の和解
 戊辰戦争とは何だったのか

製品情報

製品名 乱世の名将 治世の名臣
著者名 著:中村 彰彦
発売日 2012年07月05日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-217747-4
判型 四六
ページ数 282ページ
初出 収録作品参照

著者紹介

著:中村 彰彦(ナカムラ アキヒコ)

1949年栃木県生まれ。東北大学文学部卒業後、文藝春秋勤務を経て文筆活動に入る。1987年『明治新選組』でエンタテイメント小説大賞、1993年『五左衛門坂の敵討』で中山義秀文学賞、1994年『二つの山河』で直木賞、2005年『落花は枝に還らずとも』で新田次郎文学賞を受賞。歴史に題材をとった小説・評伝・エッセイの著者多数。近著に『花ならば花咲かん』『幕末維新史の定説を斬る』『跡を濁さず』がある。