われらの再生の日

文芸(単行本)
ワレラノサイセイノヒ
  • 電子あり
われらの再生の日
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ほんの冷やかしのはずだった……。60代後半の物書き・矢部三郎は取材にと飛びこんだセクシー・キャバクラの女・ゆりあに入れ込み、店外につれだして心身ともに関係を深めていく。同時にパソコンの手ほどきを受けた矢部は、時代の流れに乗る楽しさを知り、ブログや電子書籍にも挑戦しはじめる。だが、やがて姿を消したゆりあを追って、矢部はさらなる行動を起こす──。生きる意味の転換を問いかける長編小説。


年輪礼賛!

孫ほど年下の娘と人生最後の恋を楽しむ老年作家。大人の余裕を見せつけて、甘美な果実をもぎとるが――。
生きてきてよかった。そう思ったことはありますか。

ほんの冷やかしのはずだった。
60代後半の物書き・矢部三郎は取材にと飛びこんだセクシーキャバクラの女・ゆりあに入れ込み、店外につれだして心身ともに関係を深めていく。同時にパソコンの手ほどきを受けた矢部は、時代の流れに乗る楽しさを知り、ブログや電子書籍にも挑戦しはじめる。だが、やがて姿を消したゆりあを追って、矢部はさらなる行動を起こす――。

製品情報

製品名 われらの再生の日
著者名 著:阿部 牧郎
発売日 2012年05月18日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217676-7
判型 四六
ページ数 314ページ

著者紹介

著:阿部 牧郎(アベ マキオ)

1933年、京都生まれ。京都大学文学部卒業。1988年、8回目の候補作であった『それぞれの終楽章』で第98回直木賞を受賞。官能小説、戦記小説、時代小説など幅広い分野で健筆を振るっている。近著は『神の国に殉ず 小説・東条英機と米内光政』『定年直後』など。

オンライン書店で見る