希土類少女

文芸(単行本)
レアアースガール
希土類少女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本レアメタル機構、通称「コミュニティ・マヒトツ」の職員・江波と<レアメタル生成症候群>の少女・冴矢。江波は与えられた職務をこなし、冴矢は限られた命をただ生きるだけだった。そんな二人が出会うとき、平穏な日常は少しずつ変わり始める。しかしそれは、隠されていたコミュニティの秘密を暴いてしまう、悲劇の引き金に過ぎなかったのである……。ヒットシリーズ「浜村渚の計算ノート」著者、最新SF長篇。


日本レアメタル機構、通称「コミュニティ・マヒトツ」の職員・江波。<レアメタル生成症候群>と呼ばれる少女たちの管理を行う江波は、少女たちに特別な感情を持たないよう、日々の業務を忠実にこなしている。
一方、14歳で入所したが未だにコミュニティの少女たちとなじむことができない少女・冴矢。自分が死ぬまでの運命が決められていることを知って、自暴自棄になっている。
とある出来事によりお互いを認識するようになった江波と冴矢だったが、この時点では、お互いがお互いにとって重要な存在になることに気づいていなかった。

やがて、コミュニティの一年で最も盛り上がる、体育祭の日が近づいてきたのだが……。
ヒットシリーズ「浜村渚の計算ノート」著者による、最新SF長篇!

製品情報

製品名 希土類少女
著者名 著:青柳 碧人
発売日 2012年04月29日
価格 定価:1,540円(本体1,400円)
ISBN 978-4-06-217645-3
判型 四六
ページ数 258ページ

著者紹介

著:青柳 碧人(アオヤギ アイト)

1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。
『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞しデビュー。中学2年生の数学少女が悪の組織と謎解きで対決するという当該作は突飛な世界観ながらも、ウィットに富んだ構成やキャラクターの作り方が評価され、シリーズ化して人気を博している。
その他の著書に『千葉県立海中高校』『浜村渚の計算ノート 2さつめ ふしぎの国の期末テスト』『浜村渚の計算ノート 3さつめ 浜村渚の水色コンパス』(いずれも講談社Birth)『双月高校、クイズ日和』など。

書店在庫を見る