定吉七番の復活

文芸(単行本)
サダキチセブンノフッカツ
定吉七番の復活
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

四半世紀の刻を経て、いま蘇る伝説の「定吉七番シリーズ」!二十数年前、スイスアルプスのクレバスに消えた「定吉七番」。最大の敵「NATTO」と戦うため、氷の中から、いま蘇る!日本中を熱狂させた幻のシリーズが復活! はるか昔にバブルは弾け、長期の経済低調にあえぐ平成ニッポンが舞台。小番頭・雁之助といったお馴染みの面子に加え、強烈な新キャラも続々登場。爆笑必至のスパイアクションコメディ!


四半世紀の刻を経て、いま蘇る伝説の「定吉七番シリーズ」!

二十数年前、スイスアルプスのクレバスに消えた「定吉七番」。最大の敵「NATTO」と戦うため、氷の中から、いま蘇る!

日本中を熱狂させた幻のシリーズが、四半世紀ぶりに復活! はるか昔にバブルは弾け、長期の経済低調にあえぐ平成ニッポンが舞台。小番頭・雁之助といったお馴染みの面子に加え、強烈な新キャラも続々登場。爆笑必至のスパイアクションコメディ!

「定吉七番」――大阪商工会議所秘密会所所属の情報部員、「殺人許可証を持つ丁稚」である。唐桟の仕着せに前垂れかけて、愛用の包丁「富士見西行」を懐に、関西経済界の破壊を目論む悪の結社「NATTO(ナットー)」(汎関東主義秘密結社)との戦いに挑む。

目次

  • 第一話 氷漬けの丁稚
  • 第二話 彷徨う定吉
  • 第三話 新たなる敵
  • 第四話 仕事する丁稚
  • 第五話 潜入する丁稚
  • 第六話 咆哮する丁稚
  • 第七話 朝日村の秘密
  • 第八話 帝国の復活
  • 最終話 明日への飛翔

製品情報

製品名 定吉七番の復活
著者名 著:東郷 隆
発売日 2013年02月01日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-217639-2
判型 四六変型
ページ数 290ページ
初出 『小説現代』2010年6月号~2011年2月号

著者紹介

著:東郷 隆(トウゴウ リュウ)

東郷隆(とうごう・りゅう)
1951年、神奈川県横浜市生まれ。国学院大学経済学部卒業。ジャーナリストとしてアフガニスタン内戦を体験、ノンフィクション『戦場は僕らのオモチャ箱』で作家デビュー。1993年『大砲松』で吉川英治文学新人賞を、2004年『狙うて候 銃豪村田経芳の生涯』で新田次郎賞を受賞。その博覧強記ぶりはつとに知られ、武器・時代考証のエキスパートでもある。
近著に『黒髪の太刀―戦国姫武者列伝』『センゴク兄弟』『魁偉なり――広瀬武夫伝』『青銭大名』などがある。本書は、いまや伝説といわれる「定吉七番シリーズ」、四半世紀ぶりの最新作である。