いちりんの花

絵本
イチリンノハナ
いちりんの花
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

悲しみをもつ人へ――。「いちりんの花」がそれを癒すという。美しい詩と画の合奏の中で。――(中西進 国文学者)

「私が死んだら、また絵を描いてほしい」
それは、日本画家として将来を嘱望されながら、結婚を機に筆を折った妻・美知子への夫・平山郁夫が遺したメッセージだった。そして、美知子は娘の弥生とともに一冊の絵本をつくりはじめる――。太古の昔から連綿と続いてきた、いのちの物語。

製品情報

製品名 いちりんの花
著者名 文:平山 弥生 絵:平山 美知子
発売日 2012年01月28日
価格 定価:1,430円(本体1,300円)
ISBN 978-4-06-217446-6
判型 B5
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

書店在庫を見る