女神のタクト

文芸(単行本)
メガミノタクト
女神のタクト
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

進め、前へ。音楽は魂だ! 『盤上のアルファ』で鮮烈デビューの著者、待望の最新刊。30歳にして職と男をなくした矢吹明菜。旅先で出会った老人に「アルバイトせえへんか?」と誘われる。金がなく公演もままならない小さな楽団に、ある男を連れてくれば報酬があるという。それが明菜と、一度は世界的に活躍した引きこもり指揮者・一宮拓斗、そしてオルケストラ神戸の出会いだった。笑いがいつしか感動になる音楽の奇跡の物語。


進め、前へ。音楽は魂だ!
お待たせしました! 『盤上のアルファ』の塩田武士、今度の舞台はオーケストラ!!

職と男を同時になくしつつもただでは起き上がらない女、矢吹明菜。
パワフルな“女神”が弱小楽団で出会った音楽の奇跡、そして、恋。

どう見てもたよりない指揮者と、あまりに濃いメンバー。
偶然、オルケストラ神戸に足を踏み入れた明菜だが、そこで封印していた「音楽」への思いを呼びさまされ――。
笑いがいつしか感動になる、猪突猛進・情熱物語!

『あんたも若い女、若い女って厚かましいなぁ。もう30回ってるやろ』
『黙れパンチパーマっ。これ以上年のこと言うと本気出すわよ』

この時、この場所でしか聴くことのできない音楽がある――

目次

  • 序 章
  • 第一章  その女、凶暴につき
  • 第二章  宿無し女の初仕事
  • 第三章  世の中はスイーツほど甘くない
  • 第四章  白石麟太郎という男
  • 第五章  天城越え
  • 第六章  光の階段
  • 終 章

製品情報

製品名 女神のタクト
著者名 著:塩田 武士
発売日 2011年10月28日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-217322-3
判型 四六
ページ数 290ページ