早乙女太一 S’

サオトメタイチエス
早乙女太一 S’
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

100年に一度の天才女形と言われ、今や映画やドラマ、舞台で活躍中の早乙女太一。
二十歳を記念したメモリアル写真集は、初の欧州ロケとなるルクセンブルクでの撮影を敢行。歴史ある教会や古城で女形など、かつてないロケーションで互いに背負う伝統が共鳴し合う神秘的な作品となっている。
また、ルクセンブルク唯一のレ・バン(温泉)SPAで寛ぐシーンや、14歳からの歩み、そして幼少期の写真を一挙披露。
また、写真集と同時にロケ中のオフショットが詰まったDVD(約60分)では、ありのままの“素顔”が収録。寄り添って話しているかのように近くに感じられる映像になっている。
成人になった二十歳の“今”を見つめて本音で語ったSPECIALロングインタビューも必見!

製品情報

製品名 早乙女太一 S’
著者名 撮影:橋本 雅司
発売日 2012年03月29日
価格 価格 : 本体6,000円(税別)
ISBN 978-4-06-217290-5
判型 A4変型
ページ数 128ページ

著者紹介

撮影:橋本 雅司(ハシモト マサシ)

【早乙女太一プロフィール】
1991年9月24日生まれ、福岡県出身。大衆演劇・劇団朱雀(げきだん すじゃく)二代目。本名西村太一。幼いころから舞台に立ち、女形として有名になる。ある時北野武の目に止まり、2003年公開の「座頭市」では芸者姉妹の子供役、2005年「TAKESHI’S」では早乙女太一として役をもらい、映画俳優としても活躍。紅白歌合戦では女性演歌歌手の応援として、女形でたびたび登場している(3年連続)。テレビとしては、NHK大河ドラマ「風林火山」(2007年)ほか、TBSドラマ「獣医ドリトル」(2010年)などでも俳優としても活躍中。2011年、2012年新春特別講演『龍と牡丹』内「剣舞/影絵」で披露した影絵と戦うシーンでは、YouTube上で約200万以上の再生があり、海外からの注目率も非常に高くなっている。

おすすめの本