小林彰太郎の日本自動車社会史

コバヤシショウタロウノニホンジドウシャシャカイシ
小林彰太郎の日本自動車社会史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

長年の小林彰太郎ファン 久米宏氏、絶賛
「小林さんは永遠のクルマ少年だった!!」

小林彰太郎氏は誠にノーブルな人だ。その少年時代がなんとも楽しい。氏は物心ついた時から、熱心な「カーウォッチャー」だった。以来今日まで、実に冷静な「ウォッチ」を続けている。12年前の夏、軽井沢で小林氏が運転するオースチンセブンの助手席に座った珠玉の記憶が僕にはある。濃い緑の中を駆け抜けるオースチンセブン。ハンドルを握る彰太郎氏は少年そのものだった。それから数年後、さる劇場でお目にかかった。ニコッとして、「小さなランチアを買いました。ディーゼルなんですよ」またしても彰太郎少年だった。――(久米宏)

製品情報

製品名 小林彰太郎の日本自動車社会史
著者名 著:小林 彰太郎
発売日 2011年07月02日
価格 定価:2,200円(本体2,000円)
ISBN 978-4-06-217097-0
判型 A5
ページ数 260ページ

おすすめの本

書店在庫を見る