感染宣告――エイズなんだから、抱かれたい

カンセンセンコクエイズナンダカラダカレタイ
感染宣告――エイズなんだから、抱かれたい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人初のエイズ患者報告から25年。治療法の確立によって、決して「死の病」でなくなったが、HIV感染者は静かに広がっている。世間から「忘れられた」2万人の日本人HIV感染者は、宣告後の人生を、どう生きているのか? 告知、恋愛、家族、出産――それぞれの人生に重くのしかかる「HIV」というウイルス。100人を超える感染者の現実を克明に取材した33歳の著者が出会った現実。


『神の棄てた裸体』『絶対貧困』で世界の奈落を追ったノンフィクション作家・石井光太が初めて手掛けた衝撃の国内ルポルタージュ!

ベッドで腕枕をして「HIVなの」と囁いたとき、二人は――

日本人初のエイズ患者報告から25年。治療法の確立によって、決して「死の病」でなくなったが、HIV感染者は静かに広がっている。
世間から「忘れられた」2万人の日本人HIV感染者は、宣告後の人生を、どう生きているのか? 
告知、恋愛、家族、出産――それぞれの人生に重くのしかかる「HIV」というウイルス。100人を超える感染者の現実を克明に取材した33歳の著者が出会った現実。本格書き下ろし!

「HIVに感染していたの……検査でそう言われた……お願い、あなたも調べてもらって。あなたにうつっているかもしれない」
「私は、いまだに試されているんですよ。今もエイズはどこかで生きていて、私がどう苦しむか、悩むか、嘆くかをじっと見詰めているんです」
(本文より)

【目次】
第1章 宣告
第2章 家族
第3章 花嫁
第4章 夫婦
第5章 妊娠

目次

  • 第1章 宣告
  • 第2章 家族
  • 第3章 花嫁
  • 第4章 夫婦
  • 第5章 妊娠

製品情報

製品名 感染宣告――エイズなんだから、抱かれたい
著者名 著:石井 光太
発売日 2010年12月01日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-216530-3
判型 四六
ページ数 306ページ

著者紹介

著:石井 光太(イシイ コウタ)

(いしい・こうた)
1977年、東京都生まれ。作家。日本大学芸術学部卒業後、海外の生活や文化に関する作品を数多く発表。著書に、『物乞う仏陀』(文藝春秋)『神の棄てた裸体』(新潮社)『絶対貧困』(光文社)『日本人だけが知らない日本人のうわさ』(光文社新書)『レンタルチャイルド』(新潮社)『地を這う祈り』(徳間書店)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス