作家の値段 『新宝島』の夢

文芸(単行本)
サッカノネダンシンタカラジマノユメ
作家の値段 『新宝島』の夢
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

古書価を明記した画期的な評論エッセイ、待望の第2弾!

驚きの高値。意外な安値。古本屋だけが知っている本当の本の話
●手塚治虫を著者が古書界にはじめて出品。どう値付する?
●初版部数の多い藤沢周平作品で1点だけある「珍しい本」とは。
●池波正太郎の代表作『鬼平犯科帳』、なかなか見つからない1冊は。
●みずから装幀に凝りに凝ったという谷崎潤一郎、漆塗本のお値段は。

「それから『春琴抄』には著者と刊行者用の特別本がある」
「へぇ。特別本」
「黒と朱で3冊作られたというんだけど、17年前に某古書店の目録に載ったよ」
「いくら?」
「確か850万円だった」
「ヒャー。谷崎本収集の、これは最大難関だね」――<本文「谷崎潤一郎」より>

製品情報

製品名 作家の値段 『新宝島』の夢
著者名 著:出久根 達郎
発売日 2010年10月20日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-216512-9
判型 四六変型
ページ数 362ページ
初出 『小説現代』2008年4月号~2010年3月号