腹の蟲

文芸(単行本)
ハラノムシ
  • 電子あり
腹の蟲
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「家族なんて、よっぽど注意をしておかないと、すぐに壊れてしまうんだぞ」。かつて「息子」だった男は、やがて「父」となり、いま人生の後半に差し掛かっている。人間の成長と連環、生きていくということの根源を、丹誠を尽くした文体で描きだす、純文学。書き下ろし作品。


「家族なんて、よっぽど注意をしておかないと、すぐに壊れてしまうんだぞ」
かつて「息子」だった男は、やがて「父」となり、いま人生の後半に差し掛かっている。人間の成長と連環、生きていくということの根源を、丹誠を尽くした文体で描きだす、純文学。書き下ろし作品。

「親の一番の務めは、子の自立なんだからな。自由に、好き勝手に、生きてもらうのは望むところだが、親をあてにしている間はよくないな」「大学には行かなくてもいいのか」息子は不安な表情を向ける。「頼んだこともない。頼まれるのも嫌だな。おまえがそうしたければ、そうすればいいだけの話。それにおおよそのことは、懸命にやらないと、手に入らない。時間もかかる。きみはそこを端折ってやろうとしているんじゃないか」健一は能書きを垂れる快感を覚えながら応じた。生きあぐねている相手に言っても、伝わるものでもないが、言わずにいられない感情もあった。「どう生きればいいかは、こちらにもわからない。おまえの問題だし、親に言われても、迷惑なこともあるだろ? 」「なんだか危ないよな。ばらばらになりそうだ」――<本文より>

目次

  • うつぼの干物
  • 国分寺のたぬき
  • 腹の蟲
  • あとがき

製品情報

製品名 腹の蟲
著者名 著:佐藤 洋二郎
発売日 2010年09月01日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-216462-7
判型 四六
ページ数 170ページ

オンライン書店で見る