理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き

講談社の実用書
リロンハスタイリストガデンジュオシャレノテヌキ
  • 電子あり
理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

おしゃれにセンスは必要なし!お金をかけない(着まわしやすい1枚を選ぶ、飽きのこない1枚を探す、自分にあう1枚を見極める……)時間をかけない(かんたんにおしゃれに見えるコーディネートテク、収納テク……)方法を人気スタイリストが雑誌では書けない本音を教えます。手を抜くのではなく、ここにこだわれば少ない枚数、少ない小物でもおしゃれに見える。安い服も、選ばれた服として見違えるなど、おしゃれのアイデア満載!


時間がなくても、洋服の数が少なくても、センスがなくてもおしゃれになれます! 人気スタイリストがコツ紹介。
第1章 アイテム選びでおしゃれの8割は決まる!
 えっ!ここにこだわって選ぶの? ジャケットの袖丈はどこをチェックする? パンツ丈は何を基準にする?など長く着られる、たくさん活用するための選び方の極意をアイテム別に紹介します。
第2章 小物使いにその人のセンスが表れる!
 小物にこそセンスが出ます。パンプスは黒とヌーディだけあればいいってホント? パールは何cmが使える? など最小限で使える小物の揃え方を。
第3章 コーディネートの基本を見直す
 コツさえつかめれば、あなたのおしゃれはぐっとあかぬける!
第4章 おしゃれの意識革命
 漫然としていたら、おしゃれにはなれない。ちょっとの意識するだけでも、変われるのです

目次

はじめに

第一章 アイテム選びでおしゃれの8割が決まる
 生粋の「パンツ」派ならではのポイント
  1 1シーズンにグレーのパンツ、2本あればいい
  2 パンツ丈はフラットシューズに合わせる
  3 半端丈のパンツなら、くるぶし10cm上を選ぶ
  4 パンツはヒップで、選ぶ
  5 試着のときは、両脚でパンツ丈を見てもらう
 「スカート」こそ体型を見極めるアイテム


第二章 小物使いがおしゃれの合否の分かれ道
 たかが「靴」、されど「靴」
  32 夏は黒のパンプスとヌーディサンダルがあればいい
  33 ロングブーツなら、黒の乗馬ブーツが使える
  34 靴を買うなら、18時がベスト
  35 ヒールはフラットか7cmに決まり
  36 靴を買うなら1万円までか5万円台
 攻めの「バッグ」でおしゃれ偏差値が上がる


第三章 コーディネートの基本を見直してみる
 本当に似合う「色」のこなし方
  48 「自分のベースカラー」を見つける
  49 春夏、秋冬のベースカラーを決める
  50 ベージュこそ高いものに投資する
  51 秋は、グレーの同系色がとびきりおしゃれ
  52 使う色を3色に絞れば確実におしゃれになれる
 「素材」でおしゃれを楽しむ
  53 夏と冬。黒の素材を極める
  54 男っぽいアイテムは、女性らしい素材を選ぶ
 「バランス」上手はおしゃれ上手


第四章 意識を変えれば、もっとおしゃれになれるはず
 「収納」を変えれば時間節約ができる
  63 とりあえずのハンガーは使わない
  64 靴は色別ではなく、ヒールの高さごとに収納する
 「おしゃれの訓練」をしなければ、実力は上がらない
  65 これで毎日おしゃれでいられる。「私のシステムワードローブ」
  66 コーディネートは前日に決める
  67 「一週間に一度」の彼ではなく、毎日会う人のためにおしゃれをする
 「おしゃれの決め手」でランクアップ


あとがき

製品情報

製品名 理論派スタイリストが伝授 おしゃれの手抜き
著者名 著:大草 直子
発売日 2009年11月25日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-215895-4
判型 四六
ページ数 146ページ

著者紹介

著:大草 直子(オオクサ ナオコ)

1972年、東京生まれ。スタイリスト、エディター。大学卒業後、出版社に就職、女性誌「ヴァンテーヌ」「25ans」で編集の仕事に携わる。退職後、フリーで「CLASSY」「Grazia」などファッション誌を中心に、スタイリスト、編集経験をいかしエディターとしても、活躍中。「毎日新聞」の別刷りSTYLE EDITIONの製作にも携わる。コンサバスタイルをベースに、トレンドを取り入れたり、個性をプラスしたり、そのさじ加減は絶妙。今着たいもの、自分らしいスタイルを引き出すテクニックは、毎日のコーディネートにすぐ活かせると評判。理論的にわかりやすい説明は、他のスタイリストとは一線を画す。トークショー、セミナーでも人気。女の子2人と男の子1人の3人の子を持つワーキングマザー。

オンライン書店で見る