月華の銀橋 勘定奉行と御用儒者

文芸(単行本)
ゲッカノギンキョウカンジョウブギョウトゴヨウジュシャ
月華の銀橋 勘定奉行と御用儒者
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

元禄、財政再建に生涯をかけた男の熱き想い 貨幣は国家が認めれば瓦礫でも良い―世界に先駆けた発想で財政再建を目指した勘定奉行・荻原重秀と貨幣を神聖視する儒官・新井白石。異能二人の対立の行方とは。

製品情報

製品名 月華の銀橋 勘定奉行と御用儒者
著者名 著:高任 和夫
発売日 2009年11月07日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-215857-2
判型 四六
ページ数 418ページ

書店在庫を見る