なかで、ごめんね

文芸(単行本)
ナカデゴメンネ
  • 電子あり
なかで、ごめんね
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

私、文香17歳。親友のスケバン(死語)・玲子は、女癖の悪い父(小説家)と熱愛中。夏休み、女ふたりの北海道ドライブで出会ったのは、童貞の性民俗学者・榮輔さん。野外で混浴、クサい車中泊、雷雨の中の処女喪失、彼の実家は公家ヤクザ(?)主人公は女子高生(JK)!? 爽やか&ポジティブ!! あの花村萬月が辿り着いちゃった新境地。「ねえ、玲子。私たち、すごいところを走ってるんだね」


私は処女のくせに、知識だけはたっぷりだ。
小説家の父をもつ綾瀬文香17歳の問題は、全く経験がないことだ。スケバン(死語)玲子の運転するレガシーで走る夏の北海道で、彼女の人生は大きく動きだす。

製品情報

製品名 なかで、ごめんね
著者名 著:花村 萬月
発売日 2009年08月29日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-215769-8
判型 四六変型
ページ数 234ページ
初出 『COBALT』2007年10月号・12月号

オンライン書店で見る