外科医 須磨久善

文芸(単行本)
ゲカイスマヒサヨシ
外科医 須磨久善
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“海堂ワールドの新展開、外科医の謎に迫る。” 世界的権威の心臓外科医はいかにして誕生したのか。旧弊な学界から若くして認められるため、どんな奇策をとったのか。現役医師作家にしか書けない、医者の秘密。

目次

  • 第1部 心臓外科医 須磨久善の旅
  • 1章 未来への扉を開く――公開手術[1992年 ベルギー・ブリュッセル 41歳]
  • 2章 学会の熱風――米国留学[1984年 ソルトレークシティ 33歳]
  • 3章 回り道か抜け道か――外科研修と胃大網動脈バイパス手術[1986年 36歳]
  • 4章 ニュー・ライフラインの発見――AHA(米国心臓協会)[1988年 38歳]
  • 5章 外科医になろう――少年時代から医学生時代
  • 6章 ローマへの道――ローマ・ジェメリ総合病院[1994年 44歳]
  • 7章 バチスタ手術――湘南鎌倉総合病院[1996年 46歳]
  • 8章 スマ手術への進化――バチスタ手術の完成形[1997年 47歳]
  • 9章 医療の宝石を手に入れる――葉山ハートセンター[2000年 50歳]
  • 10章 須磨久善はどこへ行くのか――心臓血管研究所へ[2008年 58歳]
  • 第2部 解題 バラードを歌うように[2008年7月]

製品情報

製品名 外科医 須磨久善
著者名 著:海堂 尊
発売日 2009年07月24日
価格 定価:1,257円(本体1,143円)
ISBN 978-4-06-215583-0
判型 小B6
ページ数 224ページ
初出 『小説現代』2008年11月号~2009年3月号

書店在庫を見る