私とは何か さて死んだのは誰なのか

文芸(単行本)
ワタシトハナニカサテシンダノハダレナノカ
私とは何か さて死んだのは誰なのか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●刊行の趣旨
ベストセラーとなった『14歳のための哲学』をはじめ、専門用語や権威によらず自らの言葉で「考える」ことの大切さを説き、世代を超えた愛読者を持つ池田晶子氏。
本書は、池田氏の著作権者であるNPO法人「わたくし、つまりNobody」の編集協力により、残された貴重な未発表・未収録作品を集めた「最後の新刊」となるエッセイ集です。
最初期から晩年までの作品を通して、池田氏の哲学の出発点であり、哲学にとって永遠のテーマである「私が存在するとはどういうことか」「考えるとはどういうことか」を伝える本書は、ファンのみならず初心者の方にも読みやすい一冊となります。

●主な内容
池田晶子氏が残した単行本未収録の講演原稿、産経新聞連載コラム「はてなの深度」ほか新聞および雑誌掲載エッセイ、池田氏の哲学の原点を記す幻の初期名編「わたくし、つまりNobody」、小学生のときに書いた短編小説「空を飛べたら」までを収録。池田晶子氏の「原点」にして哲学の原点を伝える、「最後の新刊本」。

製品情報

製品名 私とは何か さて死んだのは誰なのか
著者名 著:池田 晶子 編:NPO法人わたくし、つまりNobody
発売日 2009年04月04日
価格 定価:1,650円(本体1,500円)
ISBN 978-4-06-215419-2
判型 四六
ページ数 258ページ
初出 収録作品参照

著者紹介

著:池田 晶子(イケダ アキコ)

(いけだ・あきこ)
1960年東京生まれ。慶應義塾大学文学部哲学科卒。文筆家。専門用語による「哲学」ではなく、考えるとはどういうことかを日常の言葉で語る「哲学エッセイ」を確立して、多くの読者を得る。著書多数。2007年2月23日没。その死から2年が経ても既刊本はロングセラーとなり、幅広く新しい読者を獲得し続けている。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス